top of page
  • 執筆者の写真ヤマオタケシ

「爆ぜる。僕が僕であったが為に。」

「爆ぜる。僕が僕であったが為に。」

Acrylic gouache on canvas

M3(273×160)

2023.05.26


僕が僕であったがために


誰にも寄り添えず


何処にも居場所が見つからず


仕方がないんだと諦め


生産性の無い人生に罪悪感を覚え


頭を垂れ


謝り


神経を擦り減らす


いつまでも頭を垂れて生きるのも飽きてきた


僕が僕であるために


僕は爆ぜる

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page